九州北部含め大雪の恐れ 気象庁が警戒を呼び掛け

 26~27日は東日本から九州を含む西日本の日本海側と太平洋側の山地を中心に大雪になるとして、気象庁は25日、警戒を呼び掛けた。太平洋側の平野部でも積もる可能性があるという。

 東日本から西日本の日本海側を中心に落雷や竜巻など激しい突風にも注意が必要だ。

 気象庁によると、冬型の気圧配置が強まり、東日本の上空約5千メートルに氷点下39度以下、西日本の上空に同33度以下という平年よりも6~12度低い寒気が流れ込む見通し。

 26日午後6時までの24時間予想降雪量はいずれも多い地域で北陸、関東甲信70センチ、近畿、中国60センチ、東海50センチ、九州北部30センチ。

共同通信社 2019年1月25日 無断転載禁止