レッツ連歌(要木木純)・1月24日付

(挿絵・Azu)
 初めまして。要木(ようぎ)木純(ぼくじゅん)と申します。昨年まで、レッツ連歌スペシャルの方を担当しておりましたが、下房桃菴先生の後を継いで、今月から、レッツ連歌の第四週の選者をつとめることになりました。よろしくお願いします。

 今回の前句のとおり、平成も最後の年となりにけり、となってしまいましたねえ。自分で出しておきながら何ですが、何せ頭が固い方なので、あっという間に過ぎ去った年月について、感傷にふけるといった、月並みな句しか思い浮かばないのですが、さすが皆さまは手慣れておられる。思いがけない発想、ひねった付け方、しゃれた言い回しに感嘆いたしました。皆さまのお力で、なんとか今後もやっていけそうです。

           ◇

 平成も最後の年となりにけり

消える団塊増える古民家   (松江)森廣 典子

いくさ無き世に安堵しながら (益田)石田 三章

シミとシワとが生きた勲章  (出雲)行長 好友

株など持たぬ庶民でよかった (松江)花井 寛子

レッツ連歌で変わる人生   (米子)板垣スエ子

なんだか妙に落ち着いている (松江)今岡笑美子

嫁はまだかとせかす両親   (江津)花田 美昭

昭和の前が思い出せない   (松江)野津 重夫

元号載らぬ暦めくって    (雲南)錦織 博子

わけのわからぬ横文字が増え (松江)河本 幹子

大震災はもういりません   (松江)小谷由紀子

8パーセントもこれでおさらば(江津)井原 芳政

いろいろあって曇りのち晴れ (松江)松岡 治恵

遺言ちょっと変えてみようか (安来)根来 正幸

終着駅は始発駅なり    (奥出雲)松田多美子

増え続けてる国の借金    (松江)植田 延裕

漢字二文字に議論伯仲 (埼玉・所沢)栗田  枝

虎視眈々と詐欺師グループ  (益田)石川アキオ

入選目指し猪突猛進     (出雲)平井 悦子

新幹線が通る初夢      (出雲)石飛 富夫

ひとり気ままに何ら変わらず (江津)岡本美津子

飲みたいだけねと妻の一言  (出雲)野村たまえ

むらに一軒残るあばらや   (松江)川津  蛙

私は一つ老けるだけです   (松江)山崎まるむ

フィナーレ迎え緞帳が下り  (松江)持田 高行

あなたも月へ行ってみないか (浜田)勝田  艶

もったいぶるな次の元号   (出雲)吾郷 寿海

いつもの朝が今日も来るだけ (江津)江藤  清

泣いて笑って先へ先へと   (松江)田部 和美

置いていくもの持って行くもの(出雲)櫛井 伸幸

           ◇

 三章さん、不景気でしたが、平成の名にふさわしい、大体は平和な30年間でした。スエ子さん、これからも変えていきましょう。笑美子さん、まるむさん、清さんのように、元号が変わるからどうした、平凡な日常が続くだけだという付け方もいいですね。

 他にもよい句がたくさんあったんですが、紙面の都合で惜しくも載せられませんでした。自信のある句は、ぜひ周りの人に紹介して、感想を聞いてみてください。

 また、発想が縛られないように、前句にある字やことばは避けてください。類字、類語、同様な発想も避けた方がいいのですが、今回は、それでも面白い句が多かったので、ゆるく選びました。

           ◇

 それでは、今日の入選句を前句に選んで(どの句か明記してください)、それに長句(五七五)を付けてください。その際、打越(うちこし)を避けましょう。今回の前句「平成も最後の年となりにけり」と、発想、内容、ことばが重ならないようにご注意。

 さあ、これから、皆さまとともに、連歌の世界を旅しましょう。

                 (島根大教授)

2019年1月24日 無断転載禁止

こども新聞