島根県近代医学の草分け 田野 俊貞(松江市で医院開業)

医学教育や衛生普及に尽力

田野俊貞が開業した旧田野医院。現在は松江市が建物を所有し、市有形文化財に指定されている=松江市苧町
 田(た)野(の)俊(とし)貞(さだ)(1855~1910年)は、松(まつ)江(え)市で医院を開業しながら医学生の教育や公衆衛生(こうしゅうえいせい)の普及(ふきゅう)に尽力(じんりょく)し、島根県や松江市医(い)師(し)会のリーダーを務(つと)めるなど「島根県近代医学の草(くさ)分(わ)け」と呼(よ)ばれています。

 俊貞は現在(げんざい)の栃(とち)木(ぎ)県足利(あしかが)市の庄(しょう)屋(や)(江(え)戸(ど)時代の村役人)の家に生まれました。13歳(さい)の時から翻訳(ほんやく)書で西洋医学を研究し1871(明治4)年、東京大学医学部の前身である大学東(とう)校(こう)に学びます。

 77(同10)年、名(な)古(ご)屋(や)市の愛(あい)知(ち)県病院(現在の名古屋大学医学部)に勤務(きんむ)。ドイツ語が得意で、外国人医師の通訳(つうやく)も務めました。

 後に外(がい)務(む)大臣や逓信(ていしん)(現郵政(ゆうせい)など)大臣兼(けん)鉄道院総裁(そうさい)など国政で活躍(かつやく)し、山陰(さんいん)本線の開設(かいせつ)に尽力した後(ご)藤(とう)新(しん)平(ぺい)が医師として勤務しており、俊貞は生涯(しょうがい)、親交(しんこう)を結びます。

 栃木県栃木病院長などを経(へ)て84(同17)年、島根県に採用(さいよう)され、島根県医学校と県松江病院(松江赤十字(せきじゅうじ)病院の前身)が開設されると病院長に就任(しゅうにん)します。この学校と病院は、西洋医学を学ぶ医師の養成機関でした。

 しかし、県の財政難(ざいせいなん)などによって松江病院が廃(はい)止(し)されると86(同19)年に松江市苧(お)町(まち)で田野医院を開業し、間もなくして旧(きゅう)苧町病院の土地、建物を買い受けて医院を拡張(かくちょう)しました。

 その後、籠手田安定(こてだやすさだ)県知事の許可(きょか)を受けて解剖(かいぼう)を公開します。

 1907(同40)年に松江市医師会が設立され、俊貞は副会長に選ばれました。09(同42)年に島根県医師会が設立されると、副会長に選任(せんにん)され島根県医学界の発展(はってん)に尽(つ)くします。

 また、長(なが)崎(さき)で自ら被(ひ)爆(ばく)しながら被爆者の治(ち)療(りょう)に生涯を捧(ささ)げた永(なが)井(い)隆(たかし)の父親寛(のぶる)が田野医院で修業(しゅぎょう)し、医師に合格(ごうかく)しています。隆はこの病院の一室で08(同41)年に産声(うぶごえ)をあげます。隆が被爆後も病床(びょうしょう)から手紙のやりとりをするなど、親交がありました。

 文豪(ぶんごう)・小泉八雲(こいずみやくも)(ラフカディオ・ハーン)とも親交があり、松江市の水道設(せっ)置(ち)に貢献(こうけん)したスコットランド生まれの技師(ぎし)バルトンの招請(しょうせい)にも努力しました。

 医学界で一層(いっそう)の活躍(かつやく)が期待される中、俊貞は10(同43)年、55歳で病死します。

 旧田野医院(田野家住宅(じゅうたく))は、洋風建築(けんちく)の様式を兼(か)ね備(そな)えた木造(もくぞう)2階建て。松江市内で最古級の病院建築の遺(い)構(こう)で、島根県の近代医学の草(そう)創(そう)期(き)を支(ささ)えました。この建物は2013(平成25)年、所有者から松江市へ寄付され14(同26)年、市有形文(ぶん)化(か)財(ざい)に指定されました。

2019年1月23日 無断転載禁止

こども新聞