錦織 リターンを意識  17日2回戦 第1試合

練習でサーブを確認する錦織圭=メルボルン
 【メルボルン=本紙特派員・木幡晋介】テニスの四大大会、全豪オープン男子シングルスで第8シードの錦織圭(日清食品)が16日、会場内で、世界ランキング73位のイボ・カロビッチ(クロアチア)との2回戦に向けて入念に練習した。

 39歳のカロビッチは身長211センチのビッグサーバー。錦織はカロビッチが見せるバックハンドのスライス対策として、マイケル・チャン・コーチがスライスからネットプレーを仕掛けるタイミングで、左右に打ち抜くプレーを確認した。

 錦織はカロビッチに対して2勝2敗。直近は2016年の全米オープン4回戦でストレート勝ちした。15日の会見では「(ラリーが続かず)好きな相手ではない。リターンでしっかりプレーすることを意識したい」と話した。

 錦織の2回戦は第4日の17日、午前11時(日本時間午前9時)開始の第1試合に行う。

2019年1月17日 無断転載禁止