色紙や布貼り付け羽子板作り 浜田・こども美術館

羽子板を飾り付ける子ども
 お正月に合わせ、羽子板作りを楽しむワークショップが6日、浜田市野原町の市世界こども美術館であった。参加した親子連れたちが、色紙や布を貼り付けるなどして、色彩豊かなオリジナル羽子板に仕上げた。

 同美術館が、恒例の「ホリデー創作活動」の一環で企画した。参加者は、縦33センチ、横10センチのスギの板を電動のこぎりで羽子板の形に整え、切り口や角を紙やすりで磨いた。色紙や布を接着剤で貼り付けたり、フェルトペンでイノシシやアニメキャラクターなどの絵を描いたりして完成させた。

 子どもたちは早速、同美術館の中庭で、作った羽子板で羽根を打って遊んだ。浜田市松原町の幼稚園児、佐藤晋ちゃん(6)は「楽しかった。上手にできた」とうれしそうに話した。

2019年1月8日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ