ユズ磨き「冬至」準備 邑南の温泉施設

ユズをタオルできれいに磨くスタッフたち
 冬至(22日)を前に、邑南町矢上のいわみ温泉「霧の湯」で21日、ゆず湯サービスに備えてユズを磨く作業があった。施設スタッフがタオルで一個ずつ丁寧に汚れを拭き取り、22、23の両日に入浴客をもてなす準備に当たった。

 ゆず湯は同施設の恒例イベントで、男湯と女湯の両方で実施する。今年はスタッフ2人が、町内で2日間にわたり、約600個を収穫した。

 四つのケースには、大小さまざまなユズが入っており、スタッフが手に取っては、表面をきれいに磨き上げた。同施設の野田正和支配人(58)は「ゆず湯に入って、ゆっくりと疲れを取ってほしい」と呼び掛けた。

 ゆず湯は両日とも午前10時から午後9時まで。入浴料は中学生以上650円、小学生300円、幼児以下は無料。

2018年12月22日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ