レッツ連歌(下房桃菴)・12月13日付

(挿絵・麦倉うさぎ)
 懸賞で当たったヘアードライヤー

まず床の間に置いて眺める(沖縄・石垣)多胡 克己

梅雨時分にはきっと活躍    (浜田)佐々木わこ

いつになったら終わる停電   (松江)山崎まるむ

複雑すぎて使いこなせぬ    (美郷)芦矢 敦子

嬉しくもない野球少年     (浜田)松井 鏡子

十年ぶりにジジが朝シャン   (松江)澄川 克治

これで家族に一人一台     (美郷)源  瞳子

昔の写真孫に見せてる     (松江)田中 堂太

忘れたころに届きびっくり   (出雲)栗田  枝

戸棚の中はガラクタいっぱい  (益田)兼子 哲彦

なにに使うとバアに笑われ   (江津)花田 美昭

賀状の残りみな使い切り    (雲南)錦織 博子

使い果たした平成の運     (松江)佐々木滋子

ペット用とは知るよしもなし  (江津)岡本美津子

貧乏性は値段確かめ      (松江)田中 堂太

クロスワードにハマる脳トレ  (松江)岩田 正之

火傷するまで使わなくても   (益田)吉川 洋子

波平さんの複雑な顔      (浜田)勝田  艶

首を温め疲れ取る母      (松江)澄川 高子

新聞広告念入りに読み     (米子)板垣スエ子

地肌にゃキツイと書くアンケート(益田)可部 章二

ニヤリと笑う宅配の人     (江津)花田 美昭

オレの名騙って応募したやつ(隠岐の島)大田 有子

毛糸の帽子捜してる父     (江津)江藤  清

夢に終わった瑞風の旅     (益田)黒田ひかり

           ◇

 予想どおり、「坊主頭」や「禿(は)げ頭」を詠み込んだ句がたくさん寄せられました。しかしほんとうを言えば、こんなことは、みなさんご自身で予想していただきたいこと。

 というのも、誰でもすぐに思いつくアイデアだけでは、なかなか入選できません。そのアイデアをどう表現するかが問題です。もっとはっきり言えば、「坊主頭」とか「禿げ頭」とかいう言葉を出さないで、なおかつ、それと分かる工夫をしていただきたい、ということです。

 たとえば、「野球少年」は、「坊主頭」と言わなくても坊主頭と分かる。「昔の写真」は、今は「禿げ頭」だと分かります。

 もっとも、いつも言うとおり、そのためには読者にもそれなりの力量が必要なのですが…。

 髪の毛があったところで、ドライヤーなんか使わないという人も、もちろんおられます。それならそれで、ただガッカリしていればよいのですが、堂太さんにはそれができない。で、わざわざ値段を調べてみる。すると、意外と高価な機種と、分かって急に嬉(うれ)しくなる。…なるほどこれは貧乏性。

 貧乏性がもっと昂(こう)じると、やっぱり使わないでは損な気がする。で、無理して使う。火傷するまで使う。…洋子さんの句も大笑いしました。

 人の名を騙(かた)って応募する、なんておもしろそうですね。ヘタをすれば犯罪になりかねませんが、ま、この程度のイタズラなら、笑って済ませたいものです。なに、仕返しをすればいいのです。

           ◇

 来年の新春特集は1月10日。前句は、

  動画も添付して初メール

 「初メール」は、新年最初のメール、のつもりで私は使ったのですが、そういう意味があるのかどうかは知りません。生まれて初めて打つメール、あの人からやっともらったメール、などと取っていただいても、もちろんかまいません。発信なのか受信なのかも、わざと曖昧にしておきました。さまざまな場面を想像して、できるだけ多くの句を作ってください。

 「レッツ」が始まって、すでに四半世紀―。26年目の新年は、ことさらにぎやかに迎えたいと思っております。楽しい五七五をお待ちしております。

              (島根大名誉教授)

2018年12月13日 無断転載禁止

こども新聞