きらめく星 ふたご座流星群

14日ごろ多くの流れ星

2017年12月15日、三瓶自然館サヒメルの屋上カメラに写ったふたご座流星群の流星
 毎年決まった時期に、流星(りゅうせい)つまり流れ星がたくさん現(あらわ)れる現象(げんしょう)を流星群(ぐん)といいます。12月14日ごろに見られる流星群は、ふたご座(ざ)流星群と呼(よ)ばれています。

 14日から15日にかけての夜に、多いときで1時間に約40個(こ)の流星が見られると予想されています。また、13日から14日のかけての夜も、それに近い数の流星が見られそうですし、12日の今夜も、15日の夜もある程(てい)度(ど)の流星が見られるでしょう。

 月が出ているときは、その明かりにじゃまされて流星が見にくくなりますが、今年の場合、山陰(さんいん)では13日だと午後10時ごろ、14日だと午後11時ごろに月が沈(しず)みますので、夜中以(い)降(こう)は最高の条件(じょうけん)になります。15日が土曜日なので、14日は多少夜ふかしもできそうですね。

 流星が見えたら、それが飛んできた方向に線を延(の)ばしてみてください。何個かの流星でやってみると、線はだいたい同じところで交わるはずです。その点を放射点(ほうしゃてん)といいます。ふたご座流星群は、放射点がふたご座にあり、そこから四方八方(しほうはっぽう)に流星が流れるため、その名が付いています。

 詳(くわ)しくいうと、ふたご座流星群の放射点はカストルという星の近くにあります。放射点を意(い)識(しき)して観察すると、意外に流星が規(き)則(そく)的に現れることがわかりますよ。

 流星観察は、見晴らしがよく周りに明かりのないところでじっくり行うのが理想的ですが、冬の夜は相当寒いですから、決して無理はしないでください。空のどの方向にも流星は見られます。晴れ間があるときに、大人と一緒(いっしょ)に少し外に出てみるとか、明かりを消してベランダや部屋の窓(まど)から見るだけでも楽しむことはできます。

◆島根県立三瓶(さんべ)自然館サヒメル天文事業室長・竹内幹蔵(みきまさ)

2018年12月12日 無断転載禁止

こども新聞