益田のスーパーで反射材着用訴え

来店者(中央)に反射材を手渡す参加者
 益田市交通対策協議会や同市交通安全協会吉田支部などがこのほど、市内のスーパー5カ所で、来店客らに夜光反射材とチラシ1600セットを配り、着用を呼び掛けた。

 同協議会や市交通安全母の会、反射材着用推進の旗振り役「キラリ推進隊」の委嘱を受けた益田東高校生徒会のメンバーら約60人が参加した。

 参加者は、同市乙吉町のイオン益田店前、同市常盤町のキヌヤ益田ショッピングセンター前、同市高津7丁目のイズミ益田店前などに分かれて配布した。

 イオン益田店前では、同支部の大畑幸三支部長らが、店舗の入り口で「どうぞ使ってください」と来店者に声を掛け、手首などに巻き付けて使う反射材とチラシを手渡した。

2018年12月12日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ