「右を見て左を見て」事故なき世を 益田の国道9号 恒例大看板登場

人気漫画「キングダム」のキャラクターが描かれた交通安全看板
 益田市須子町の国道9号交差点沿いに、人気漫画のキャラクターを描いた師走恒例の大看板がお目見えし、道行くドライバーらに交通安全をアピールしている。29日まで掲示される。

 看板は縦4メートル、横8・1メートルで、今年は人気漫画「キングダム」のキャラクター4人を描いている。

 近くの自営業、大羽博士さん(65)が中心となり、地元の有志18人が10月初めから18日間かけて制作した。11月の高津地区民運動会で選手応援のアーチとして使い、その後、年末年始の交通安全に役立ててもらおうと、大羽さんが所属する須子連合自治会が設置した。

 看板の右側に「とまって 右を見て左を見て」という標語看板も設置しており、午後5時から同10時まで、発光ダイオード(LED)のイルミネーションも点灯する。

 看板を描いて42年目という大羽さんは「事故がないようにと思いながら毎年描いている」と話した。

2018年12月10日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ