算数教育の発展に功績 塩野 直道(出雲市生まれ)

絵本のような教科書つくる

算数教育に功績をあげた塩野直道。1935年、旧文部省で撮影=「隋流導流-塩野直道先生の業績と思い出」から複写
 昭和時代の初め、算数を小学生に分かりやすく理(り)解(かい)してもらうため、カラーの美しい絵を使った画(かっ)期(き)的(てき)な国定教科書をつくった旧(きゅう)文部省(現(げん)文部科学省)役人の塩(しお)野(の)直(なお)道(みち)(1898~1969年)は、出(いず)雲(も)市東園(ひがしぞの)町に生まれました。現(げん)在(ざい)、主流の四つ玉そろばんを小学校の珠算(しゅざん)の授業(じゅぎょう)で採用(さいよう)したことでも知られます。

 直道の家は代々、地(じ)主(ぬし)でした。現在の長(なが)浜(はま)小学校(出雲市荒茅(あらかや)町)や大社(たいしゃ)高校(同市大社町)時代、成績優秀(せいせきゆうしゅう)で、京都大学の前身を経(へ)て東京大学で物理学を専攻(せんこう)します。1922(大正11)年、卒業し現在の信州(しんしゅう)大学で物理学の教授を務(つと)めました。

 2年後、国定教科書を編集(へんしゅう)、審査(しんさ)する文部省の図書監修官(かんしゅうかん)に就任(しゅうにん)し、小学校で使う算術(さんじゅつ)(現在の算数)教科書の改訂(かいてい)を担当(たんとう)。計算と知(ち)識(しき)が中心で実生活との関連が薄(うす)いなど批(ひ)判(はん)があった、それまでの教科書の全面改訂を考えます。

 直道が作った新しい「尋常小學(じんじょうしょうがく)算術」(通称(つうしょう)「緑表(みどりびょう)紙(し)」)は、35(昭和10)年以(い)降(こう)、低学年から順次使われました。

「絵本のようで画期的」と高い評価を受けた「尋常小學算術」の第一学年児童用(上)教科書=復刻版
 小学1年児童が使う算術の教科書は初めてで、1年用の上巻(じょうかん)は数字を少し使っただけの、絵本のような斬新(ざんしん)な内容でした。身近な動物や果物(くだもの)の数を数える、といった日常(にちじょう)の中で算術の関心を導(みちび)き出す工(く)夫(ふう)をしています。

 国内の教育界から「世界的レベルに到(とう)達(たつ)できる」と称賛(しょうさん)され、36(同11)年にノルウェーのオスロで開かれた国際(こくさい)数学者会議でも高く評(ひょう)価(か)されました。

 また、「日常生活を数理的処(しょ)理(り)していく上で便(べん)利(り)」として、珠算を4年生から扱(あつか)うことにしました。そろばんは、五つ玉との論(ろん)議(ぎ)を踏(ふ)まえて四つ玉を採用。四つ玉は以後、標準(ひょうじゅん)そろばんとして定着しました。

 45(同20)年に現在の金沢(かなざわ)大学第2代校長に就任。52(同27)年には教科書出版(しゅぱん)会社の新(しん)興(こう)出版社啓林館(けいりんかん)(本社・大阪(おおさか)市)取締役(とりしまりやく)になり、検定(けんてい)教科書「小学生の算数」や中学、高校生向けの数学教科書などを次々に編集し、算数や数学教育の発展(はってん)に尽(つ)くしました。

 直道の功績(こうせき)をたたえ、理数教育研究所(事(じ)務(む)所(しょ)・大阪市)が2013(平成25)年、塩野直道記念「算数・数学の自由研究」作品コンクールを開設(かいせつ)。

 応(おう)募(ぼ)資(し)格(かく)は全国の小学1年から高校3年までで、算数や数学を学ぶ中で新たに分かったことや解決(かいけつ)方法などをリポートにまとめるもの。17年度は1万7千点を超(こ)す応募がありました。

 1989(同元)年、全国珠算教育連盟(れんめい)の呼(よ)び掛(か)けによって、直道の顕彰碑(けんしょうひ)が長浜小学校に立てられました。

2018年9月19日 無断転載禁止

こども新聞